女優・吹石一恵の出演映画・ドラマまとめ!

fuki

日本を代表する女優の一人、吹石一恵

 

先日発表した歌手・福山雅治さんとの結婚は、世間を大きく賑わせました。

 

そんな誰もが羨む吹石一恵さんの出演映画・ドラマをまとめてみました!

 

吹石一恵のドラマまとめ

①『ときめきメモリアル』(1997年)

吹石さんは1997年、ゲームを映画化した作品『ときめきメモリアル』の藤崎詩音役でメジャーデビューしました。

 

また、同時にテーマソングである『セピアの夏のフォトグラフ』で、なんと歌手デビューまでしてしまっています!

 

②『女性捜査官アイキャッチャー』(1999年)

1999年、当時まだ17歳という年でNHKドラマ『女性捜査官アイキャッチャー』に出演します。

役は「弟を事故で亡くし、その寂しさをシンナーで紛らわせる女子高生」という、非常に難易度の高い役を演じきり、大きな評価を集めました。

 

③『あたしはきっと・・・』(2001年)

2001年、吹石さんは映画『あたしはきっと・・・』で初主演をつとめます。

主人公・水沢夏音がひと夏の恋と不思議な出会いを通して成長していくという物語で、17歳の少女の切なさと懐かしさを見事に表現しました。

 

④『時の香り〜リメンバー・ミー〜』(2001年)

あたしはきっと・・・』と同年、映画『時の香り〜リメンバー・ミー〜』でも主演をつとめました。

時の香り〜リメンバー・ミー〜』は韓国発の感動の恋愛ドラマで、日本の映画界がリメイクしました。

時空を超えたファンタジックな恋の行方を描き出し、日本でも大きなヒットを呼びました。

fuki1

⑤『ロッカーのハナコさん』(2002年)

2002年、NHK夜ドラ『ロッカーのハナコさん』に仕事が未熟で失敗ばかりの新人OL役として出演すると、彼女のコメディアンヌ的な演技の才能を開花させます。

 fuki2

 ⑥『ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス』(2003年)

2003年には、なんとウルトラマンシリーズ初の女性ウルトラマンをつとめます。

映画『ウルトラマンコスモスvsウルトラマンジャスティス』では、ウルトラマンジャスティスに変身する女性・ジュリ役を演じ、世の子供たちの心を鷲掴みにしました。

fuki3

⑦『着信アリ』(2004年)

2004年の映画『着信アリ』では、幽霊に首をねじ切られ殺される女子大生という、これまでにない新たな役を演じました。

彼女の演技にド肝を抜いた方も多いかと思います。

fuki4

⑧『新撰組!』(2004年)

同年、彼女は初大河ドラマ出演をします。

大河ドラマ『新撰組!』では、八木家の娘・ひで役を演じました。

また、この時、自身初の男装役をに挑戦しました。

fuki5

⑨『氷壁』(2006年)

2006年、NHKドラマ『氷壁』では、主人公・奥寺のパートナー・北沢の妹・ゆかり役を演じあげました。

 

⑩『雪に願うこと』(2006年)

同年、映画『星に願うこと』に首藤牧恵役で出演しました。

この映画は、第18回東京国際映画祭で4冠を獲得し、多くの注目を浴びました。

 

⑪『紀子の食卓』(2006年)

同年、映画『紀子の食卓』では主演を務めました。

ストリーは、田舎に住む17歳の女子高生・島原紀子は、インターネットサイト「虚構ドットコム」である女性に出会います。

島原紀子はその女性を頼り、家出し、東京へ向かい、「レンタル家族」という虚構の世界でいく物語です。

 

この映画の撮影期間はたったの2週間で、厳しいスケジュールの中、見事な役どころを演じました。

fuki6

 

この他、翌年2007年には、『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』や『素敵な夜、ボクにください』に出演しています。

⑫『華麗なる一族』(2007年)

2007年、3年ぶりとなる民放連ドラにレギュラー出演します。

『華麗なる一族』では、大介の長女で美馬中の妻を演じました。

最終回の視聴率は開局以来の新記録で、関西地方では平均視聴率が39.2%と、驚きの数字を叩き出しました。

  ⑬『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(2007年)

同年の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』では、山村先生役を演じ、持ち前のまじめなイメージを全面に出し、演じました。

 

⑭『ROOKIES』(2008年)

2008年、大人気連続ドラマ『ROOKIES』では、教師・真弓りえ役を演じました。

彼女は他にも多くのドラマや映画で教師役を演じており、男子生徒のあこがれの存在となっています。

 fuki7


 

さすが日本を代表する女優なだけに多くの有名作品に出演しています。

ここには書ききれませんでしたが、彼女が出演する作品はまだまだ数多くあります。

近年では、『永遠の0』や『紙のカルテ2』、『王妃の館』などなど・・・

 

今後も彼女の活躍に期待ですね!

 

 

こちらもご覧ください!↓
今だから話せる!極悪若手芸人ダウンタウン事件!

大物すぎるビートたけし!ダウンタウン松本も感服するかっこいい話!